ライカはじめます!

ライカ(LEICA Q)のカメラを手に入れましたが、全く使い方がわからない! ライカ超初心者の備忘記録的ブログです。

ライカを手に入れたのでインスタもスタート!北海道の紅葉って京都と全然違った。

f:id:shiracoblog:20190118214437j:plain 

(撮影:LEICA V-LUX3)

 

インスタはアカウント登録だけはしていて、ながめる専用でしたが…ライカあるし写真撮ってるし「インスタわたしもやってみよう!」ということで、今さらですがインスタはじめることにしました。

北海道の紅葉は京都とは全く別物だった

今回の写真は、2018年11月にSさんと北海道旅行したときの一枚。
この時はまだライカQを手に入れる前だったので、LEICA V-LUX3で撮影しています。

 

北海道の紅葉は初めてでしたが、「え?もみじじゃないの?イチョウでもないの?」というくらい、なんか京都と違う。全然違う!

 

この時はいつもなら雪が積もっていてもおかしくない時期でしたが、暖冬でまだ紅葉がギリギリ残っていて、紅葉のじゅうたんにむき出しの木。それはそれで美しいのですが、なんか京都と違う。

 

葉っぱが風に揺られて落ちてくるのですが、京都なら「はらり〜」って感じですが、北海道のもみじは「バサッ!バサッ!」と落ちてくる。よーく見るとわたしの顔くらい大きいし、カナダの国旗の形してる。

 

カエデなんだ。


北海道のもみじはカエデなんだ。
カナダなの?日本なの?
スケールが違いすぎてなんかすごい。
木もすごく大きいし。
イチョウじゃない黄色い葉っぱも謎。

 

北海道出身の子に聞いたら、どうやら「鬼もみじ」と言うらしい。鬼って。鬼もみじのじゅうたんを踏むと「グシャ!」っていいました。

 

慎重に写真を撮るSさんと、闇雲に撮りまくるわたし

実はこの写真を撮る直前までパラパラと雨が降っていたのですが、北海道神宮のすぐ手前にあるこの公園に着いた時にやんだんです。

 

雨が嫌いなSさんが、「雨やんだ!」とフンフンとご機嫌で撮影スポットを探しているところを、後ろから撮りました。

 

まだこの時はカメラの設定とかどうとか全く考えていない時で、わたしはパシャパシャ闇雲に撮りまくっていましたが、SさんはCanonの大きなカメラに望遠レンズを装着しては「パシャ」、外して違うレンズに取り替えては「パシャ」と慎重に撮っていました。

 

性格でるよね。

 

Sさんはじーっとカメラのレンズ付近をみてはグリグリ回し、液晶をみては何やら操作してゆっくり撮っている。それを遠くから見ながら、撮り終わって待つわたし。

 

この時は「何をもたもたしてんねん」と思っていましたが、今は「そりゃ色々設定変えて撮りたいよね」とちゃんと理解できるようになりました。